スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
最近読んだ本
2006 / 05 / 13 ( Sat )
突然ですが、みなさんは読書してます?

僕はなかなか自分の時間ってものが無いんで、あまり読書をする機会はなかったんですが、昨日久々に読んだんです。

『佐賀のがばい(すごい)ばあちゃん』って本を。

知ってます、この本?

漫才コンビ B&Bの島田洋七が書いた本なんです。
彼は広島に母親と住んでいて、小2の時に佐賀のおばあちゃんに預けられ、中学卒業までの間、かなり貧しくて可哀相な生活(だけども楽しい)を送ってたんです。
その時のコトを本にしてある実話なんですが結構面白いんですよ。

僕は関西に住んでるんで、この本の内容の一部はテレビとかで聞いて知ってたけど、それ以外のコトもおもしろおかしく書かれてます。


一部抜粋して紹介しますね。


島田洋七は、運動は得意やけど勉強は全然ダメで、そのコトを一緒に暮らしているおばあちゃんに相談したんです。

 洋 七  「ばあちゃん、英語なんかぜんぜん分からん。」

ばあちゃん「じゃあ答案用紙に 『私は日本人です』 って書いとけ。」

 洋 七  「そうか。日本にいたら別に困らんもんね。」

       「でもばあちゃん、俺、漢字も苦手で・・・」

ばあちゃん「 『僕はひらがなとカタカナで生きていきます』 って書いとけ。」

 洋 七  「そうか。別にひらがなでも分かるもんなぁ。」

       「そうそう、歴史も嫌いでなぁ・・・」

ばあちゃん「歴史もできんとか?」

ここまで来て、ようやくばあちゃんは呆れた顔をした。

で、しばらく考え込んだ末、こう言い放った。

ばあちゃん「答案用紙に 『過去にはこだわりません』 って書いとけ!」

洋七は本当にこれを書いて、先生に殴られたそうです。


これが実話ってトコがすごいッスよねぇ。

ばあちゃん、凄過ぎ!!!

だから、”がばいばあちゃん”なんですね。

よければ一度読んでみてはいかがでしょう!

次は、『涙が出るほどいい話』を読もうっと!
スポンサーサイト
貴公子日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<出張先にて | ホーム | 弟王子の遊び相手>>
コメント
--厳しいおばあちゃん--

最近は、優しくって何でも買ってくれるおばあちゃんが多いけど、このおばあちゃんは違いますよ!
母親以上の厳しさ!
でも、そういう生活があったからこそ今があるんやと思いますよ。

ホントに勉強だけが全てじゃないって思いますもん。
人として生きていく強さが必要って。

でもSilent_Smileさんが理数系が苦手っていうのは以外やなぁ(^_^)
まぁ、僕もずーーーっと文系やったのにコンピュータ関係の会社に行ったけど・・・
by: 貴公子 * 2006/05/16 23:34 * URL [ 編集] | page top↑
--心は豊か--

私はあまり漫才コンビは知らないのですが、この方、おばあちゃまにとても良い教育をされましたねぇ(^-^)
卓上の勉強なんざできなくたって、人間生きていかれるってことですよ!w
私も勉強嫌いで、理数系なんか特にダメだったけど、結局プログラマーやってるもんなぁ・・・。

この本、読んでみたい!
by: Silent_Smile * 2006/05/16 02:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kikoushi.blog22.fc2.com/tb.php/128-5a93d2e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。